愛の日記


<< 2019年 9月 >>
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5
6 7
8 9 10 11 12
13 14
15 16 17 18 19 20 21
22
23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
- - - - - - -
更新履歴
2019/9/22 New!
水の記憶 741Hz「真水」新発売

2019/9/12
911記念日を前にボルトン解任

2019/9/5
ルーティンしかやらない

2019/8/30
異性から必ず愛される法則

2019/8/20
12星座の弱点克服法ほか おひつじ座~うお座



水の記憶 741Hz「真水」新発売 New! 2019年09月22日(日)

340617 byte

この度、長年の夢であった「水」を新発売しました。741Hzの情報を記憶した水になっているはずです。はず、、、というのは、水が周波数を記憶する、、、という概念自体、おそらく科学的なものでないと思われるためです。

そのため、あくまで私がそう思っているだけ、という話しになります。しかしこれまで741Hzのチューナーや深海をお求めいただいた方の多くは、おそらく一度程度は飲み水に741Hzの波動を伝える実験をされたことでしょう。

飲み水のコップの上から、もしくは、コップの横にチューナーのグリップを付けたりして試されたことと思います。741Hzはあらゆるものを掃除してきれいにする周波数ですので、振動が与えられた水は、その味が生まれたての、清水や湧き水のような味になったのではないでしょうか。

もちろん感じ方は人によってことなりますので、そうなるとは言えませんが、多くの人がそう感じられることは確かでした。

この度発売した水は、741Hz深海シャワー「真水」(まみず)30m入り2本セットで2700円 です。

用途はルームフレッシュないしエアフレッシュです。なぜ741Hzにこだわったのかと言うと、これまでにも何度かお話ししたことがありますが、次のような理由があります。

「物は霊を求め、霊は物を求める」という法則があります。もちろん科学的な話しではありません。しかし、人型という人形状態の紙で体をなすり、悪霊や良くない思念が体に憑いたのを人型の紙の方に移し、その人型を海や川に流す、、これは1年に2度、大祓えの日に行われているみそぎの行事であり、何百年も続く日本の伝統があります。

それは物に良くない霊を移して流す、、、という、物に霊が憑くことをわかっているので続けられている行事だということです。

物に霊が憑くわけで、物の代表が水なのです。代表というどころか、物のすべては水から生じているという考えもあります。水が物をもっとも代表し、物そのものであるということは、簡単に言うと水にもっとも霊が憑くわけです。
みそぎも水をかぶりますし、キリスト教の洗礼も水によるものです。
私たちはシャワーを浴びたり、お風呂に入るとすっきりしますが、これもみそぎ効果があるはずです。体に憑いたものが、水に流れるのです。

さて、科学的な話しではないことを前提していますので、そこはご理解の上お読みください。話しを741Hzに戻しますが、741Hzの振動を水に与えるときれいな生まれたての清水のような味になります。(そう感じる人が多い)

もしそれが事実だとすると、水に憑いていたものを741Hzの波動がきれいに掃除した、、、ことになります。私は固くそう思っているのですが、741Hzは水ですらきれいな水にしてしまうわけです。

もし、霊が水を求めるとしたら、それは生まれたての、きれいな水に他ならないと思います。741Hz深海シャワー「真水」は、シャワーされた周辺に憑いたものを、きれいに水に移して掃除してくれるわけです。

科学的な話しではありませんが、「真水」でシャワーされた空間やエリアには悪い霊的なものが憑かない状態が出現すると考え、期待するわけです。

私自身、また関係者、及び、すでに真水をご使用いただいている皆さまからも、同様のご報告をいただいています。その空間にいたせいか、夕方になっても不思議と疲れない、、、、そういうご意見が多いのですが、確かに夕方になると疲れるのは、多くのものに、憑かれているからに他ならないと思います。

その憑かれが水に移り、、消えていく、、、なのでそうした空間にいると憑かれないので、疲れを感じない、、、となります。(人によって感じ方は違いますし、科学的な根拠のある話しとは違います)

具体的に、では真水はどのようにして生まれているのか、の技術面についても触れさせてください。
まず、比較的きれいな水を特別な濾過装置により十分に濾過します。かなり大型の濾過装置ですが、許可が出たなら写真などでご紹介できるかと思います。

濾過した水をほぼゼロ磁場の空間の中央に置きます。完全ゼロ磁場は地球上では作ることはできませんが、ほぼ完全に近い状態のゼロ磁場を作ります。そこに何重にも濾過したきれいになった水を置き、このために開発した特殊なジェネレータ―によって741Hz振動を12時間与えます。振動をいつ与えるかにも、実はノウハウがあり、必ず、ある時間帯を通過しなくてはなりません。そうしないと真水にならないのです。また、不思議なことに満月の日にはこの作業は無意味化し、ダメになります。

そして地球の海水をきれいにするために大働きしてきたのがサンゴですが、生きているサンゴではなく、化石サンゴが発する電気信号を水に与えています。これには、あらゆる物質の波動を電気信号化して水に与えることができる技術のすべてをご存知の方がおり、できることなのです。

このような作業を通して生まれたのが、741Hz深海シャワー「真水」です。最大で1日に3リットルしかつくることができません。

特殊な濾過装置・ゼロ磁場形成の技術・ジェネレーターによる741Hz振動・化石サンゴの電気信号を水に与える、という4工程によって「真水」は完成します。これらの装置は私のものではなく、賛同してくださる天才的な方々の助けがあってできたものです。技術面での秘匿がありますので、写真などの提示は今のところはできませんが、そのうち、お願いしてご覧いただけるようになったらと思っています。

他にも多々の水の取り扱いのノウハウがあります。濾過した水をさらに分化して再び2つの方向から水を合流させることで、エネルギーを含ませていきます。これも科学的な話しではありませんが、私は同様なことを2つの光をぶつけ合ってエネルギーを得る方法を確信していますので、私にとっては、これは当然のことでもあります。ただし、科学的には何ら根拠ありません。

このような操作によって作られるため、水に労働対価としての値段が生じてしまいました。それでもかなり値段的に低く抑えました。ご理解いただけたら嬉しいです。

単なる水ですので、何かの効果があるとか、健康に良いとかは、一切言えません。また、そうしてことを目的としているものと違います。あくまでエアフレッシュであり、空間を気持ちよいものにするためにつくられています。

すっきり感は素晴らしいものがあるのでは、、、と思っていますが、それは空間にエネルギーが満ちるためだと私は思っています。シャワーした空間がひんやりしてきます。水ですので、気化によって熱を奪われるのでひんやりするのは当然なのですが、ひんやり感が通常の水よりも多く、しかも長く続く気がしています。
それは電子を多く集めるためではないかと、私は思っています。電子は熱を奪いますので、そうした現象が起こるのではないか、、、と考えるわけです。しかし、あくまで私の感想です。皆さまにもお試しいただけたら嬉しいです。

SHOPマドモアゼル愛で先行発売していましたが、お客様の反響は素晴らしく、大変喜ばれていたのが、とても印象深かったです。

新発売「真水」ぜひお試しください。下記動画もご覧いただけたら幸いです。

「真水」のお求めは下記までお願いします
マドモアゼル・愛 公式SHOP

 

911記念日を前にボルトン解任 2019年09月12日(木)

先日、突然ボルトンがクビになりました。理由は何かというと、北とアメリカの融和政策にケチを入れたことでした。前回、トランプと北との対談が途中挫折してしまったのは、行く予定の無かったボルトンが突然顔を出しに来て、破談に持ち込んだものです。

トランプと金は、目配せする感じで邪魔が入ったからまたね、、、という含みを持たせた感じで別れました。日本のマスコミは破談を喜んでいる風でしたが、私はこれでボルトンはいつか責任を取らせられると思いましたが、その時が来たわけです。理由も北との和解を邪魔したというものでした。

ボルトンがクビになるということは、ボルトンを使っていたアメリカのBチームの弱体化を示します。Bチームの弱みは911の秘密が開示されることや、小児性愛や人身売買についてですが、ボルトンがいなくなれば、こうした情報も流れる下地ができます。選挙情勢に危機を抱くことになれば、トランプは支配層の悪魔的所業をぶちまけ、自身を優位に持っていこうとするでしょう。

トランプもイルミナティに支配されているという人もいますが、やっていることをみれば、半島を平和に導き、アジアや世界からアメリカ軍を撤退させ、自国民の貧しくなってしまった平均的白人層の立て直しをしていることは事実です。また、中東問題にケリをつけるために働いていることもわかります。誰に使われているにしても、やっていることはこれまでと異なる平和路線であることは今のところ間違いありません。それを悪く印象付けようとする日本のマスコミは、それとは別の、アメリカBチーム寄りであることもまた確かです。

恐いのは、半島問題で日本は完全に締め出されましたので、今後の極東における経済発展に加われない形です。ロシアにも相手にされていない状態であり、トランプアメリカとはうまく行っているように見せていますが、まったく逆でしょう。これからの貿易交渉をみればすぐにわかります。言われるまま武器や農作物を買っているだけで、理想の関係も何もあったものではありません。

日本はまさに孤立してしまったわけです。現政権にはそうした責任を取る力などありませんので、国民はこれから大変なことになると思います。大不況、大デフレ、就職難、増税がそれに輪をかけますので、しばらく日本は大変な情勢が予想されます。
では、海外が良いのか、、、となると、実は日本以上の大変さがおおいます。日本はこれから大変ですが、それでも世界の中でもっとも良い状態であるはずです。

世界はそれどころではありません。アメリカ支配層もこうした事態の訪れをよく理解していますので、トランプ氏を通して急激な路線変更と対応を始めているわけです。

世界でのこれまでの勝ち組が多すぎるのです。勝ち組は莫大な資産を未来の富を先取りする政策によって勝ち取りましたが、勝ち取ったもののほとんどは電気信号上の数字的富でしかありません。安定した時代なら、いくらでもビルを購入し、いくらでも土地も買える、、、金額ではありますが、金融の不安定な状況になれば、売るに売れない土地、売るに売れない株式、売るに売れない債権の山となっています。ひとたび、その膨大な資産が売りに出されたら、あっという間に資産価値は暴落となるからです。

売るに売れない莫大な富、しかもそのほとんどが電気信号上の富でしかない、それが今の超金持ちの姿です。しかし、もうすぐ我さきの逃げが始まるでしょうから、この世界の経済も金融もやはり壊れるのです。その時、もっとも被害が少なく済むのが、実は日本です。それでも大変な苦労を私たちはするようになるとは思いますが。もう少し、バブル化しない方策を取り、半島やロシアとうまい関係を築いていれば、極東には巨大経済圏ができたはずです。日本が指導する立場でそれが割と簡単にできたはずの、この20年だったのです。

おそらくそれをさせない世界の勢力があったのでしょう。世界の金融と経済の破綻を先延ばしするために、日本人の一生懸命に働いた労力は搾取同様、そうしたものに使われてしまったのです。

日本を中心とするアジア極東の夢はここで一度終えますが、その種が無くなるわけではありません。少なくともこれから世界を襲う破局の嵐ともっとも無縁な国が日本だからです。

フリーエネルギー・新たな医薬・新たな音楽・新たな色々な救いが日本から生まれてくるでしょう。まさにみずがめ座の時代を先取りする様々な技術でありアイデアであり発明の連続。まっさきにその恩恵にあづかれるのもまた私たち日本人だと思います。その頃には、日本を弱体化させる政治勢力も陰をひそめていることでしょうから、良いものは良いと、真っ先に利用応用する素直さが日本人に戻っているはずです。放射能汚染も本当は割と簡単に解決できる方法があるはずなのです。ただ、それだと利権が生めないので拒絶されていただけ。ひどい話しです。

世界はどこまで荒れ果てるかわかりませんが、いずれ目を覚ましたとき、見習うべきものがない世界ではいけないのです。今の日本人にそれができるとは思えない面もありますが、それしかないとも言えます。

本当に神のシナリオのようになっている不思議な流れが世界と日本に起きている気がします。

中国共産党は潰れると思います。香港は急所です。そこを手術で取り去ろうとすれば、中国は巨大な富の源泉を失います。かといって、香港を自由にさせれば、今の共産党は他の不安定地域に対する統治の正当性を失います。にっちもさっちもいかない状態が時間と共に煮詰まり出しています。

香港の学生を一人でも戦車でひき殺したとき、それはかつての天安門とは異なる甚大な影響を被ることになるでしょう。たった一人の犠牲者が、巨大な中国を倒せる状況に至ったのです。そしてそのことを支配層が理解しないとき、どのような大国も倒れて行きます。

指導者がとち狂う歴史の煮詰まりの状況は、中国でもイスラエルにもサウジでも始まっています。日本ももちろんそうです。つじつまの合わないことをつづけたら、最後は狂気に至ります。そして狂気が時の政権を各国で動かし始めているのです。

過ぎ越しの祭りが聖書に書かれています。印のある家には災難が訪れず、ただ通り越していき、イスラエルの民が救われたという話しです。

日本もまさに印のある唯一の国となります。借金が無いということです。政府には借金があるので潰れます。破壊の波は日本を通り越して世界を変えていくでしょう。そして私たちの日本も、大変ではあるものの、未来につながるあらゆるものを作り、希望の国になる以外に道はないところに置かれたのです。

日本が偉いとか、特別だとか言う話しとは全く違います。本当にそれしかないところに着地し出した、不思議な国になりつつあると思えるのです。


定員に達しましたので受付を終了しました。ありがとうございました。

第二回MIアーシングセミナー 9月30日 16000円(15000円のMIアーシングボード及び昼食付き)

詳細は下記
マドモアゼル・愛 公式SHOP
 

ルーティンしかやらない 2019年09月05日(木)

日本は沈んでいっているという意見が多くなっています。私もそう思います。まず、産業や経済を支える企業活動が低下しています。原因は色々あるでしょうが、経営者及び上位の立場の人の考え方に、合理性が行きわたっていることがあります。

合理性、いいじゃない、、、とは一面の見方で、最終的に本当に利益につながるかつながらないかは、目先だけではわかりません。ただ目先という意味では、合理性はこれまで非常に有効でした。どの企業も合理化を目指し、無駄な作業を省き、無駄な賃金は払わない、、、なので企業の利益は増大したことは確かです。

しかし失っていったものも大きく、失ったものの影響がこのところ急激に出始めており、ついにどうにもならないところまで来ているように感じます。

企業はリストラと合理化に励み、人員管理やマニュアル化をすすめました。無駄はなくなりましたが、働く人はルーティン以外やらない状況が生じています。ルーティンさえきちんとこなせばうまく行く、、、という考えを上層部は持っていますので、管理を強め、ルーティンを着実にこなす事に主眼を置きます。

その結果、アルバイトの人や不定期従業者にも、非常に高度な作業内容を求め、その管理があたかも仕事のすべてかのように思っています。私たちが冷徹に考え抜いたシステムに落ち度などない、、、、それを確実にルーティンとしてこなしてさえいれば、我が社は儲かるのだ、、、、という姿勢です。

しかし、現場で働く人は人間ですので、体調の変化もあればモチベーションの変化も時にあって当然です。ルーティンを果たすという管理面からは、働く人を人間であるよりも機械として見なした方が簡単ですので、人間ではなく労働力として考え、どうしても冷たい企業運営になっていきます。またそうした冷徹な方式に見合う人のみが出世することになり、まるで冷徹城のような企業組織が乱立することとなりました。

それで儲かればまだしも、これからまるで儲からなくなることが理解できていません。人に冷たい企業はこれからダメになると思います。理由は簡単です。安い報酬で目いっぱい高度な仕事をさせる、、、それによる利益構造はもろくはかないためです。
労働力、すなわち人はすぐに使い捨てになります。交代人員はいくらでもいると企業は考えるでしょうが、果たしていつまでその強気姿勢は持つでしょうか。

ある時点を越えるとフェノールフェタレインの色が一瞬にして変わるように、酸性が中性へ、中性がアルカリ性へ変わる瞬間があると思います。それは働く人の意識の変革かもしれませんし、さらに具体的に言えば、働くと損するとの意識が人に芽生えた瞬間です。

こき使われて安月給で働くより、家事をしていた方が得、畑で野菜を作った方が得、、、という臨界点を人はそれぞれにどこかで見つけることになると思います。どうしても現金収入が必要であるとの立場を見越して企業サイドは強気ですが、確かに現金収入がどうしても必要な私たちは弱い立場ではあるでしょう。

こうして、仕方なく働く人々の群れが社会全体を覆うことになっているわけですが、そうなると高度のルーティンを守る労働と報酬のバランスになんだかおかしいな、、、と感じる面が増大します。すでにそれは起きています。外食産業でのアルバイトさんの下劣な写真事件が相次いだことを見ても、現場で働く人のストレスは大きいことは間違いありません。

企業サイドはそうしたものも、アルバイト個人の資質の問題として処理します。上層部がバカばかりになってしまっているので、仕方ないのでしょう。なぜバカなのかというと、こうしたアルバイトさんの行為は、高度なルーティンと安月給の間で生じた出来事であるとの視点がないためです。さらに言えば、こうした問題を起こす人のやる気を使えば、おそらくその企業の上層部の人以上の働きをした可能性がある人だったはずです。

異才や浮き上がりを許さない企業上層部。個性を使えないルーティンワークで固めれば、反発しない人は、最低のルーティンでしか働かなくなることは明白です。それも上層部が気づかないように。見えないところで。そのことが企業利益を圧迫し出したことにまだ気づいていません。

下劣な写真事件も、上層部の働かせ方の問題でもあるとの視点を持てば、どんなにかアルバイトさんたちの溜飲も下げられたでしょうし、社会へ与えるインパクトとして、数十億円以上にあたる企業PRにつながったはずです。それを一個人のアルバイトのせいにして、損害請求までする、、バカ丸出しです。対応次第ではせっかくの企業イメージを数段アップできたのに。しかも無料で。そうした上層部にはおとがめなない、、、、そうした時代になってしまったということでしょう。

政治もまったく同じやり方ですので、大企業と政治は結びつき、何もしないで政府と一体となった政策さえしていれば、ルーティンだけこなしていくだけで利益が上がる、、、その安泰路線にデンと着地したまま動かなかった大企業。お陰で世界に負けだしています。

どの企業も利益の根幹を支える現場に目をやらず、上からの管理でどうにでもなると思っていたことのツケが訪れています。何が起こっても、自分は間違っていない、、、という東大思考しかできない人ばかりですので、何が起きているかも理解できずにいる。なのでダメになるばかりなのです。

現場で働く人達が、真剣にルーティンしかやらない、、、しかも最低のルーティンしかやらない、、、見えない部分では無責任になっていく、、、

仕事には作業と生み出す仕事がありますが、今の日本は作業のみとなっています。作業のみの仕事は管理と一体となり、下と上がバカ丸出しの一体感をつくっていますので、そこから抜けきらない。下には不満がたまりますので、時間が立てばたつほど、ルーティンのみ、、、ルーティンを取り締まる管理もルーティン化していきますので、結局はごますり的なものに対してだけは良い顔をして、管理体制すらゆらいでいく。上にはびこる、ここだけ金だけ自分だけ。

日産のゴーンさんを追い出した次は、追い出した社長自身が不正を働いていたと内部告発にあっている。まさに上記の構造を教えてくれています。

こうしたことの崩壊がこれから始まるのです。大企業、国家にまでこれは及びますので、個々はそれぞれの生き方を考え、実行していく以外にありません。

多少ともそうした生き方のヒントになるかもしれませんので、私の下記動画をご覧いただけましたら幸いです。まずは個々の意識改革からでしょう。人が生きていくことは実は難しいわけがないのです。難しかったらとっくに人類は滅んでいます。大昔や太古よりもずっと発展した今の人類が昔よりも生き延びることが難しくなっているわけがないのです。まずは、意識改革だと思います。お互いに未来を見つめて行きましょう。

マドモゼル・愛意識改革動画集 下記URLをコピーして検索してご覧ください。下にはありませんが、大好評マドモアゼル・愛深夜のつぶやきシリーズもぜひご覧ください。

ああ良かった、、、というだけで問題が解消する 
https://youtu.be/HTFdDvPUe-Y
こんな未来、こんな生き方があるぞ。AI失職怖くない
https://youtu.be/-FkcJbOFDso
こんな未来、こんな生き方があるぞ 後編
https://youtu.be/qbr4J5tgy2g
私たちはこれからどう生計を立ててゆくか ①
https://youtu.be/xqAu4jhJHSo
私たちはこれからどう生計を立ててゆくか ②
https://youtu.be/qWQqhGyBf58
私たちはこれからどう生計を立ててゆくか ③
https://youtu.be/Vexnb6j3kWw

MIチューナーは世界最高品質(他チューナーとは品質がまったく違うと大勢の方に言われます)お待たせしていたチューナーも続々入荷中。

マドモアゼル・愛 公式SHOP
 





Copyright(C)2010 Mademoiselle-AI, All Rights Reserved.