愛の日記


<< 2018年 10月 >>
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2
3 4 5 6
7 8
9 10
11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
- - - - - - -
更新履歴
2018/10/10
明治150年にあたり、偉い人たちは大政奉還を

2018/10/8
重力から自由になる

2018/10/2
たちどころに元気になる方法

2018/9/26
健康立国

2018/9/22
属 あっちの世界とこっちの世界



311の際のローマ法王の言葉 2018年07月30日(月)

311が起きた際に世界各国の元首クラスの人から見舞いの言葉が届きました。その中で不思議で気になったのがローマ法王の言葉でした。

話しの前後は忘れましたが、次の一文ははっきり覚えています。「悲しいことですが、これで日本は貧しくなる」と。

原発事故が起きた国は三つあります。アメリカスリーマイルズ島。ソ連、チェルノブイリ。そして日本の福島です。

もっとも進んでいた先進国の三国で、原発事故が起きました。他の国でも小さな原発事故は起きていますが、大きなものは以上の三つ。それも大国ばかり。

確かにソ連はチェルノブイリで潰れ、アメリカもスリーマイルズ島の事故あたりから急に貧しくなった印象があります。そして日本ですが、あれから7年、見事に貧しい国になりました。子供の15パーセントが貧困で食べるものに苦労しているなど、あの日本が、、、と思わざるを得ません。

しかしなぜローマ法王はそのように予想できたのでしょう。原発事故の処理で莫大なお金が消えていくことがわかったのだと思います。

莫大なお金が消えることで、日本はいくら働いてもいくら稼いでもすべてが消えていく運命。そうした国の運営に切り替わったわけです。いくら金をかけても何も生まない構造。未来のない日本人。

かといって事故処理を止めるわけにもいかない、、、世界的な賠償が今後重なったら、日本はどうなってしまうのでしょう。

よくもまあ、ここまでやってくれたと思いますが、これでへこたれる日本と日本人ではありませんが、今は闇が一番深いところに来ているというだけです。

考え方さえ変えれば、、、やり方さえ変えれば、、、邪魔さえしてくれなければ、、、今の絶望も、あっという間に希望に変えることが本当はできます。どうにもならないことを、どうにもならないやり方でやって、未来がないと思っているだけ。

日本人の意識改革が必要になっています。ひとつひとつじっくりと意識的に対応すれば、絶望はすぐに晴れます。

除染はどうすれば本当は効果的か。お金がなくてもできるやり方は何か。医学は本当に人を幸福にしてきたのか。水道は使い捨てしかないのか。電気は本当に電線を通して遠くから持ってくるしかないのか。病気とは何か。自然界の動物に病気が少ないのはなぜか。クーラー以外で冷を取ることはできないのか。物には本当に力があるのか。カロリーは本当にエネルギーなのか。130は高血圧か。長生きできる家はあるのか。(早死にする家ならありそう)教育は人を利口にしてきたのか。本当はバカにしてきたのではないのか。マスコミは本当のことを言っているのか。全部嘘じゃないのか。本当のことを言う人を、おかしな人だと思わせているのは誰か。

まあ、色々な視点から、一つ一つの疑問をじっくり意識的に解いていけば、この世の薄暗いカーテンを取り払うことができると思います。

有史以来、人間は生きてきました。生きることが難しいわけがありません。発達した科学も医学も教育もあるのに、生きることはだんだんと難しくなってきています。嘘を突かれているからです。有史以来、もっとも生きることが難しくなりつつある矛盾。そろそろ、嘘にも力がなくなるころです。

新発売売 チューナーフェザータッチ用 ミニ麻の布 2300


マドモアゼル・愛 公式SHOP

台風のため8月4日に延期された432Hzオルガニートの夕べですが、追加で参加募集となっています。4日の夕べ、早稲田です。会費は4320円。世界でひとつの432Hzオルゴールの演奏、また、音からエネルギーを得たり、思いを遠くの人に飛ばす実験も行います。詳細と参加ご希望の方は下記まで。

マドモアゼル・愛オルゴールの夕べ
 





Copyright(C)2010 Mademoiselle-AI, All Rights Reserved.