愛の日記


<< 2018年 2月 >>
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7
8
9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23
24
25 26 27 28 - - -
- - - - - - -
更新履歴
2018/2/23 New!
エネルギーから見た人生

2018/2/8
音と光でエネルギー補給ができる時代

2018/2/7
終えている世界

2018/1/25
何を表現するか

2018/1/20
風雲急



何を表現するか 2018年01月25日(木)

私たちは生まれた時の天体の状況によって、その後の表現の方法が与えられます。

どんな絵具をもって生まれてきたか、、、という観点で自身のホロスコープを見ると、けっこうなことがイメージとして理解できます。

例えば、やぎ座に星が多い、、、今生まれた赤ちゃんはそうなりますが、赤ちゃんが大きく成長していく中で、どんな表現をしていくことになるのか、、、

与えられた絵具の中にやぎ座的なもの、、、色で言えば、黒や茶が多くなるわけです。

この子が描く絵には、どうしても黒や茶が多くなるかもしれません。描く絵はその子の人生そのもの、、、黒をたくさん使えば、他の色を圧倒し、殺してしまう可能性も高くなります。

やぎ座の人の中には、配色が黒や茶で他の色を圧倒してしまうイメージの人生を表現する人が確かにいます。

それが良いとか悪いというのではなく、黒や茶が圧倒すれば、他の繊細な色は影を失い、なおやかな生き方や、柔軟な生き方はできにくくなるかもしれません。

そんなやぎ座の人でも、そうか、自分は黒や茶を使い過ぎていたのか、、、と、絵という形で自身の人生を捉えなおすことができたら、理解が深くなると思うのです。

占星術についてまったく知らない人には、何の話しなのか不明で申し訳ないのですが、持っている色が何か、、、という観点から自身のホロスコープを理解すると、人生のイメージがわかりやすくなります。

私の場合は、太陽がみずがめ座で宇宙の青。月がおひつじ座ですから、おひつじ座の赤。水星はやぎ座で黒。金星はみずがめ座で青。火星はてんびん座でグリーン。木星もみずがめ座で宇宙の青、、、そんな感じで全惑星を色分けし、こうした絵具をもって生まれた、、、、と考える。

さて、どんな絵を描いてきたのか、、、、すると確かに自身が歩んできた人生が、理解できるような気になります。

みなさんもホロスコープをご覧なり、あなたがもっている色、使える色を理解すれば、なるほど、だからあんなことがよく起こったのだ、とか、いつもああなるのは同じ色でいつも絵をかいていたからなんだ、、、というようなことが理解できるでしょう。

誰でも必ずの絵具をもって生まれています。どんな絵を描くのも自由。しかし、絵具の使い方は意識によってことなってきます。黒と茶がほとんどで、暗い絵しか描けないと思っても、絵具を使える意識が高ければ、黒を量ではなく、意識として小さく描くこともできるわけです。

マジョリティという惑星の集合がある星座にあると、むしろその星座の性格は影をひそめることが多くあります。それは、その星座の特性が量から質に変化したためです。

色も同様に量で使用するのではなく、色の意識に到達できれば、素晴らしい絵が描けます。

金ばかり追いかける仕事の中にも、合間に見せるほかの色がそれ以上に輝くことがありますし、やくざのような非人間的な世界においても、時にはどこよりもやさしい愛が流れる瞬間もあるに違いないのです。

暖かいはずの家庭の中で、冷たいものが支配する家もあることでしょうし、笑い合う人々の付き合いの中に、憎悪が渦巻く世界もあるでしょう。

要は量ではないのです。

量の世界から質の世界にいかに転換できるか、、、生きる意味も行動する意味もそこら辺にあるような気がします。

本日は私ごとで恐縮ですが誕生日なんです。そこで誕生日メッセージを収録させていただきました。

自分の誕生日にメッセージというの変かもしれませんが、年のはじめということもあり、これからの抱負を語らせていただきました。




お知らせ  明日、1月26日は五反田でのセミナーがあるため、尾山台のSHOPマドモアゼル・愛の営業時間は一時間繰り上げて、午後5時で閉店となります。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

 





Copyright(C)2010 Mademoiselle-AI, All Rights Reserved.