愛の日記


<< 2017年 11月 >>
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1
2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15
16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
- - - - - - -
更新履歴
2017/11/18
頭も空っぽ、、体もからっぽ、、

2017/11/15
個と場

2017/11/1
あるものにしか出会えない

2017/10/25
無から有が生じ無は無限を包含する

2017/10/24
勝ったように見えて負け、負けたように見えて勝つ時代



あるものにしか出会えない 2017年11月01日(水)

赤ちゃんは自我がまだ発展していませんので、周りで起こる出来事をそのまま純に見つめます。

あのおじさんがずるい、、、とか、あの人は悪だくみをしているとか、あの人は嘘ばかりつく、、、とかは、わかりません。

それは赤ちゃんの中に、ずるさや悪だくみや嘘がないから、わからないのです。

自分の中にあるものしか、人は認識できないからです。

大人はあの人は良くない人、、、などと思ったりすることがありますが、良くない部分が自分の中にあるからそれがわかるわけです。

物事の良い面に気づいたり、そこに価値を置くことができるのも同じ道理です。自分の中に、物事を良くとらえる面があるから、外界を好意的に捉えることができます。

良い場合も悪い場合も、自分の中にあるものを人は見ていることになります。

自分の中にあるものだけを見ている、、、ということは、すなわち、私たちは外界を見ているように見えて、実は自分自身を見ていることになります。

そしてそれは事実なのです。この世の本質は、自他がないからで、すべてが1つという証明になっています。

自分の中にあるものしか認知できない、、、自分は外界と同じであい、外界は自分なのだ、、、すなわちひとつ。

論理的にもそうなるのです。これが事実ですから、自分と外界をわけていくと、いけばいくほど矛盾が大きく広がることになります。

そして幸福とは、自他が1つである観点から物ごとを捉え、そう意識することによってもたらされるプレゼントを得た時、人はそう思うのです。

意識は決して低い方に戻ることはありませんので、一度でも自他のないところから来る幸福を体験したら、人生の意味がわかるのです。

他のことに意味はありません。だから、人は赤ちゃんから始まるのです。

自他のない赤ちゃんからせっかく始まったのに、どんどん自他を分け、どんどん苦しくなって神に文句を言っている私たち。

私たちは常に自分の中にあるものにしか出会えないのです。出会っても自分の中にあるものしか認識できないためです。

なので外界は常に自分なのです。外界を傷つけることは自分を傷つける道理であり、外界を替えたければ、その見方、意識を変える以外にありません。

まず、外界を受け入れること。それは自身を受け入れることになるためです。

悪い人がいました、、、悪い人から逃げることは必要ですが、せめてことさら嫌う必要もないのです。

出会う事象、出会う人、、そこに見たものは、自分なのです。なのでそれを意識の上で受け入れてあげれば、自分を受け入れたわけです。なので、そこに問題があれば終わり、中の問題が終われば、外界も見事に変わります。

外を変えようとするのではなく、中を変えない限り、外界は変わらない、これも道理なわけです。

と言って、イヤな人を受け入れろとか、ずるい人の相手をしろ、、、と言っているのではないので、絶対に誤解しないでください。

変な人からは逃げた方が良いのです。逃げなくてはダメです。しかし、そうした人が教えてくれることは、自身の中にあるものに追いかけられているということなのです。

なので、実際のイヤな人を心理的には受け入れてあげることで、物理的にもいやな人から遠ざかれることになります。

心理的に受け入れてあげなければ、ずっと追いかけられることになります。

自身の中にある成長しきっていないみなしごが、どうにかしてくれと、救いを求めている状態が、イヤは人やイヤなこと柄に追いかけられる現象となって表れているわけです。

認めてあげれば、その存在を許してあげれば、追いかける必要はなくなります。

この世に嫌いな人がいなくなれば、どんな人が目の前に現れても、それが自身の一部であるとの認識に立てば、段々とイヤなものに邪魔されたり、破壊されることは少なくなっていきます。

誰にも好き嫌いはあって当然ですが、自分への好き嫌いが外界に表れているわけです。

すべてはひとつ、、、赤ちゃんや自然から私たちは学ぶことができるのです。

下記の動画は、縮まる筋肉や組織に対して、ほぼゼロとなる地点を作り、エネルギーを取り込む動作です。

踊りのようになりますが、それは、踊りというよりもエネルギーワークです。エネルギーはゼロポイントからしか入りません。

縮もうとする筋肉や組織に対して、同等の負荷をかけ、あえて意識的にゼロポイントを体の至る処に作っていきます。

するとエネルギーが瞬時にして体に入るので、短い時間で極めて高度のエネルギーを取り込むことが可能です。

体は柔らかくなり、動きも樂になるので、老人にも無理なくできますが、形にこだわると動きのない教条的な死の世界にはいるため、体を壊します。

ヨガも同様で、本当は動きのゼロポイントを作るのが目的であり、体の色々な部位にゼロポイントを作ることがああしたポーズになったものなのかもしれません。

しかし、ポーズ主体になると、それが目的化し、必要以上に負荷をかけるので、かなりの危険が伴うと思います。

体を壊す可能性がヨガに限らず、運動にはあるのです。ゼロポイントを作るのが、運動の目的であり、そのことが、宇宙と一体化となり、そこからエネルギーが入る、、、

宇宙と自分が一体となる動きと感受性は、ゼロポイントにあると思います。

この動きには同じものはなく、その時々に応じた必然的な動きを意識的に追うものが、ゼロポイント舞踏です。

神々の踊りの動きをゼロポイントという観点から見ると、深く理解できると思います。

この動画は稚拙ですが、みなさんがおやりになれば、きっと素晴らしいゼロポイントを探る動きとなるはずで、それは最高の芸術にすら感じられることでしょう。ぜひやってください。

下のURLをコピーして、検索に張り付けてご覧ください。

ふるべ舞踏編1
https://youtu.be/S8c8i3tnnPk

ふるべ舞踏編2
https://youtu.be/sTWAJ4Z1y28


マドモアゼル・愛 公式SHOP


尾山台のSHOPマドモアゼル・愛は、3日の祝日も営業しています。日月はお休みです。


 





Copyright(C)2010 Mademoiselle-AI, All Rights Reserved.