愛の日記


<< 2017年 11月 >>
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1
2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15
16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
- - - - - - -
更新履歴
2017/11/18
頭も空っぽ、、体もからっぽ、、

2017/11/15
個と場

2017/11/1
あるものにしか出会えない

2017/10/25
無から有が生じ無は無限を包含する

2017/10/24
勝ったように見えて負け、負けたように見えて勝つ時代



アメリカでの皆既日食 2017年08月22日(火)

日本時間の本日未明、アメリカでは21日となりますが全土にわたって皆既日食となりました。皆既日食ラインは幅が100キロ前後ですので、すべてのアメリカで見えたわけではありませんが、日食自体は全アメリカで見えたはずです。

100年ぶりともなる大規模日食でアメリカ全土は湧いたようですが、占星術的には日食は喜ばれるものとは違います。

月が太陽を隠す天体現象が日食。占星術的には月は民衆を示し、太陽は王権を意味します。

昔から占星術師は日食を前もって知らせることが本来の仕事であり、もっとも重要な仕事でした。日食が予知できなければ占星術師失格となり、信頼は失墜しました。

占星術師は王様に天の知らせを進言することが仕事でしたので、王権の安寧を壊すかもしれない日食を、前もって王に知らせ、王や一族を安全な場所に避難させなくてはならなかったことでしょう。

日食の占星術的意味は今も昔も実は変わりません。月が太陽を隠す、、、日頃太陽のようにトップに君臨していた勢力にとって、日食は今でも危険な天の兆候なのです。

そのことを知っているか知らないかは、また別の問題です。

今回の皆既日食ラインはアメリカ大陸のど真ん中を見事に射貫くようにして進行しました。その意味は大きいと思います。

アメリカを支配していた王権とは何でしょう、、トランプ氏のことでしょうか。それは違うと思います。トランプ氏はマスコミに散々悪く言われてきましたし、今現在も同じです。

トランプ氏を悪く言える勢力こそが、本当の王権であり、これまでの大統領を自由に選んでこれた勢力こそが、本当の王様だったはずです。

トランプ氏誕生は王権のそのものであったクリントン女史を破って選ばれた、月が表す大統領そのものである可能性が高いのです。

マスコミ勢力の予想に反して奇跡的に勝ち、大統領になったトランプ氏は、大統領になった後も手足が自由に動かさせない状況の中で国の運営を行っているように見えます。

要するに、トランプ氏は何等かの勢力と今なを争っているわけです。

争う相手は、これまで営々と王権にいた勢力であり、それこそが太陽そのものだったことになります。トランプ氏の民意への裏切りの可能性もありますが、今のところ、非常に巧みに国の運営を行っているように思えます。

側近の解任はありましたが、解任された側近は北朝鮮との戦争などあるわけないでしょ、、、という態度でマスコミに姿勢とは全く違います。

戦争勢力とはまさにこれまでの王権であり、北情勢の元に集められたとも言えるでしょう。

日本の現政権もミサイル落下への防衛策など、わざわざテレビコマーシャルを使って国民に危機を知らせようとしていますが、何か場違いな印象を国民は抱いています。

戦争に危機を仰いでも、現場が動かないのです。王権の力の衰えとも言えます。戦争を起こしたくても起こせないのです。そうした中で、本日アメリカでは皆既日食が起きました。

皆既日食の暗示が影響する期間は実は意外と長く、どんなに短くても半年、基本的には数年はその影響が続きます。

その間に進む事柄が、これまでの王権の失墜です。アメリカ全土にわたる大規模な日食はおよそ100年ぶりといいます。100年にわたりアメリカを支配してきた本当の王権の失墜を暗示する今回の日食。

この100年はアメリカが世界を支配した時代でもありました。そのアメリカでの皆既日食ラインの横断は、世界の覇者であるアメリカの衰退を暗示することは間違いありません。

1999年のグランドクロス、冥王星の小惑星への格下げ、そして今回の皆既日食。これらすべては、アメリカ王権の限界と失墜を暗示する天の印です。

先日お話した百武彗星の北斗七星のひしゃくへの貫通は、全世界的な異変の始まりであり、アメリカ独自の衰退を示す天の印と合体したことで、全世界の変化が読めるわけです。

日本もまさにアメリカ王権の下部としてこれまでやってきましたので、今回のアメリカ王権の失墜の影響はこれから急速に現実の形になってあらわれます。

富国強兵路線から日清日ロ大戦を経て、次に大陸に渡り、満州国を作り、第二次大戦に至らせた力は、今なを現政権の夢として残っていますが、そうした夢はついに破れることになります。

憲法改正は遠のき、民意の時代となる前の、混乱の世の始まりとも言えるでしょう。

膿は破れ、悪い血は出ましたが、新たな時代の旗振りがまだいません。日本人はこれから何を求めるのか、どう生きたいのか、何をしたいのか、どういう未来を作りたいのか、、、、

世界の王権の力が消えていく流れの中で、早急に私たちは未来を手ごたえを伴ったものとして、計画し、実行しなければならなくなります。

そうでないと、巨大な虚無が日本や世界をおおうことになるでしょう。悪い王様でもいればそれなりの目的と秩序がありますが、悪い王様でも、もしそれがいなくなれば、海図なき航海となり、世界は荒れてしまいます。

欲と暴力に支配させないためにも、次の未来をどうするか、、、が早急に問われる時代に入るのです。

スローガンに騙されないように、、、誰かに未来を託すのは止めて、自身の生き方をどうするか、自分はどんな存在で、何をしにこの世に来たのか、、、

まずは、疲れた体を休めるのも良いかもしれませんね。そしてその後です。まずは健康になり、健康で自然な生き方をなし、誰も犠牲にしないで、自分のことは自分でやる生き方を確立していく。

そのうちきっと見えてくるものがあると思います。スローガンに騙されないように、、、つまらないものに騙されないように。

月が太陽を隠す、、、月が私たちです。月があなたです。

太陽はスローガン、価値観、見栄、体裁、出世、、、私たちは嘘の太陽に騙されてきたのです。

その太陽を月が隠し、嘘の大本尊は力を失いつつあります。月の主張があれば、今は通るときです。

自分のことは自分でやる、、、これが基本です。それが自立です。自分のことを自分でしないから人を必要としてややこしくなるのです。

皆既日食、、、いよいよの時となっていきます。

お知らせ
尾山台にあるSHOPマドモアゼル・愛は本日から通常の営業に戻りました。夏休みも残り少なくなっていますが、自由が丘方面にお越しの際にはぜひお立ち寄りください。

公式ショップでは、秋のセミナーを掲載しています。自身の原点、日本人の心と態度の原点を体験できる披講セミナー、生きることを楽にするセクシャリティセミナー、プロ養成施術セミナーなど。

マドモアゼル・愛 公式SHOP



 





Copyright(C)2010 Mademoiselle-AI, All Rights Reserved.