愛の日記


<< 2017年 02月 >>
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2
3 4
5
6 7 8 9 10
11
12 13 14 15 16 17
18
19 20 21 22 23
24 25
26 27 28 - - - -
- - - - - - -
更新履歴
2019/6/11
ここまで来たら、揺れ戻し

2019/6/10
血のつながりよりも強いもの

2019/6/3
新月に思うこれからのこと

2019/6/1
母とのトラウマを解消する 396Hz瞑想

2019/5/28
チャクラへの光照射



汚れの理由 2017年02月10日(金)

大体の物は、使ったり時間が立つうちに、段々と汚れたり精彩が亡くなってきます。

尾山台の私の店にいらしてくださったお客様によく行うサービスは、身につけていらしたネックレスや時計、腕輪などを陶器のお皿に乗せて、お客様と私が一緒にそれぞれがチューナーで皿の上にチューナー音を聴かせるのです。

最初の1分程度は変化はありませんが、2分、3分と立つうちに、ネックレスや腕輪、時計が、キラキラと輝いてきます。

10年以上も前に購入した精彩を失った時計が、長い月日を経て、再び輝きを取り戻してくる様子は美しく、皆さん非常に驚かれます。

磨くこともしないのに輝いてくる様は、まるで手品のように感じられますが、その理由はエネルギー不足が解消されるからなのです。

物が汚れるのは、手垢がついたり、油がついたからとか、埃のせいではなく、エネルギーが不足したからなのです。

私は以前、野生の犬を山奥で飼っていたことがあります。ノラだったので、お風呂には絶対に入りませんでしたが、かといって汚れることもありませんでした。

いつもピカピカの毛艶で、それは見事でした。しかし、齢が行って急速に衰え、死ぬ数か月前になると、徐々に毛艶が悪くなり、最後は汚れた印象がありました。

私の犬はお風呂に入らないから汚れたのではなく、エネルギーが不足して汚れたのです。

宝石も時計も貴金属も同様です。エネルギーが不足すると汚れ、エネルギーが満ちてくれば、光出します。

チューナーがあれば、それは簡単に実験することができます。皆さんがお持ちのパワーストーンや時計やチェーンなどを、皿の上に乗せ、そこに向かってチューナーを鳴らして音を聴かせてください。

最初の1分ほどは変化が分からないかもしれませんが、3分以上行えば、輝いてきます。再び手にとってみれば、おそらく感動されることでしょう。

エネルギーが満ちたものは、輝きを増して美しくなります。

この実験を私はお店にいらっしゃるお客様にもう何百回も行ったでしょうか。例外はありませんでした。そんなに変化しないな、、、と思うと、それは石ではなくてプラスティックだった、、、ということもよくありますが、それでさえ、やはりキラキラと美しく光ってきます。

光らせるために行うのではなく、お持ちの物にパワーを与え、エネルギーに満ちた状態にして差し上げる、、、そうしたものを持った方が、運気もきっとよくなるだろうと思えるからです。

誰が行っても結果が出せますので、どうかチューナーをお持ちの方は実験してみてください。あなたの宝飾品を永遠に輝かせることができるはずです。

なぜそのようなことが起こるのか、、、の原理はこれまでに何度も言っていますが、チューナーが振動し、音が出れば、それが作用となります。

何等かの作用が起きれば、それを止めて元に戻そうとする宇宙の反作用をもたらすことが可能になります。

そして、反作用にこそ、本当のエネルギーが存在するのです。

この世にある物には、何ひとつエネルギーを与えるものはありません。この世にある物を通して作用を起こす、、、それにより、宇宙は反作用を起こしてエネルギーを届けるのです。

例外はありません。チューナーを鳴らすのは、作用であり、必ず、反作用が生じて、音を元に戻そうといたします。

なので、結果的に、チューナーを鳴らせば、そこにエネルギーが訪れますので、あたかも、チューナー音に力があるかのように感じられてしまうのです。

しかし、人が行うあらゆる作用自体には、何の力もないのです。ただ、反作用を招くことによって宇宙は私たちにエネルギーを送るのです。

人が生きる意味もそこにあります。顔が全員違う、、、体つきも声も違う、、、考えが違う、、、個々の違いはすべてその人にしかできない作用を起こすために必須となります。

個の特異性がその人にしか作れない作用を起こせば、そのギャップを埋めようとして、反作用を起こし、その際にエネルギーが入りこむのです。

お皿に乗せた貴金属やパワーストーン、時計などに向けて、チューナーの音を照射すれば、反作用と共にエネルギーがその場に訪れます。エネルギーを得た石や時計は、ピカピカと光出すわけです。

先日、私は朝起きてから、左目から涙が出て、なかなか止まらずに困っていました。最近よくあることだったのですが、冬場の冷気と何と言っても年齢的なもので、涙目になっていたわけだと思います。

その時、ふっと、「そうか、目も水晶体だよね」と思い立ちました。そして、皿に置いた時計や石に向けてチューナー音を照射するのと同じように、涙目の自分の左目に向けてチューナーを聞かせたのです。

その結果に私自身、本当に驚きました。涙目は一発で止まり、さらに視力のぼやけが消え、まるで20代の頃の目の感触に戻ったのです。

眼球に向けて照射したチューナー音が宝石をピカピカにしたのと同じように、私の涙目を止めてくれた上に、視力のぼやけを修理してくれました。

そして感じたのですが、私は自分が肉体をもって生きていると思っているが、本当はそうではなく、エネルギーを反映しているだけではないかと感じたのです。

飼い犬だったノラは、お風呂に入らなくてもピカピカだった。私の目は、年齢が行って老人になったから悪くなったのではなく、エネルギーが不足して目がおかしくなった、、、とそう考えた方が合理的に思えたのです。

自分は肉体ではない、、エネルギー体と思った方がよく、意識体と思えればなおよい、、、と感じられたのです。

実際に、私の目はエネルギーを得ることで、間違いなく問題を解消しました。視力も変わり、運転免許の視力検査を眼鏡なしで一発合格。毎回そうですが、今年は多少自身がありませんでしたが、すらすらとよく見えて、おそらく1・5はあったと思います。

齢が行ったから目が悪くなったのではなく、エネルギーが不足していたから悪かった、、、という解釈が実は正しいのです。

さらに言えば、目から、実はエネルギーを得ている、、ということもおそらくあると思います。

見る、、、ということはエネルギーワークとしてもとらえることができるはずです。

見るという作用です。作用があれば、必ず、反作用が起こります。見るものと見られるものとの間には、微細なエネルギーワークが存在するはずです。

微細な刺激であればあるほどエネルギーは大きくなりますので、私たちは、もしかしたら、見ることを通してかなりたくさんのエネルギーを得ていると思うのです。

しかし、見ることが、段々と形式化し、体験から遠のいて、記号化していく、、、あれは電車、あれはテレビ、あれは道、、という知っているつもりになって、形式的な解釈を行うことで、体験でなくなっていく。

その結果、齢を経るごとに体験値は低くなり、形式的な枠にはめ込む合理的ではあるが、エネルギーワークとは異なる死の世界を広めて行ってしまう。

赤ちゃんや子供は物事をよく見ているから、エネルギーワークとして見ることが存在する。

大人になるに従い、慣れて、形式化し、記号化して、エネルギーワークが少なくなっていく。

それは見ることから得るエネルギーの消失を意味し、段々と見えなくなっていく。視力は衰え、ハッキリしなくなる。

老人になったから目が悪くなるのではなく、本当は反対で、目が悪くなったから老人になっていくのかもしれない。

眼から入るエネルギーについて考えたが、同じことは足にも手にも内臓にも言えるのだ。

肉体が衰えるのではなく、エネルギーを得る道を形骸化し、記号化した結果として、私たちは年を取っていくのではないか。

その中で、目は特に重要な気がします。目から、見ることから、私たちは、きっとエネルギーを得ているのです。

しかし、よく見ることが、、、真剣に見ることが、、、無心に見ることが段々と減っていき、、、、目が段々と悪くなる。

眼が悪くなれば、エネルギーが入りにくくなる、、、そして老いてゆく私たち、、、

目をかける、、、目をそむける、、、そんなことからも、生きる姿勢を反省する必要があるような気がします。


マドモアゼル・愛 公式SHOP
 





Copyright(C)2010 Mademoiselle-AI, All Rights Reserved.