愛の日記


<< 2019年 8月 >>
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1
2 3
4 5 6 7
8 9 10
11 12 13 14 15
16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
- - - - - - -
更新履歴
2019/8/15
月は人類の味方なのか、それとも敵なのか

2019/8/7
秋立ちぬ  夏休みのお知らせ

2019/8/1
大人になろうよ

2019/7/31
意識変容とセクシャリティの解放 動画⑦⑧付き

2019/7/26
夏休み及びSHOPマドモアゼル愛閉店のお知らせ



月は人類の味方なのか、それとも敵なのか 2019年08月15日(木)

月についての私の見地はすでにこれまで何回かにわたって語ってきました。多くの方々の賛同を得たと同時に、異常なほど反発して興奮される方もいました。月が幻影であり欠損を示すことを、自身の理解へとつなげる方と、受け入れがたく感じられる方がいたということになります。

月についての私の考えは、後世の判断にゆだねるとして、私は私が考える月についてここでは話しをすすめることにいたします。月は欠損であり、その人にないものを示します。まったくないわけではなくて、月の年齢域に当たるおよそ7歳頃までに得たり覚えたものは、そのまま残ります。

しかし、7歳程度の子供の理解した内容は深い理解や習得に当たりませんので、月はその後の人生における欠損として働くことになります。具体的に言うと、月のサイン及びハウスに関した事柄や才能に欠損が現れることになります。

月のサインはその人にとって未成長で決して成長しえない能力を示し、月のハウスはその人にとって、決して高度な内容にいたらない生活の分野を示します。

例えば、かに座に月があれば、家庭的ではなく、母性的でもない個性を示し、欠損している母性や家庭に心が縛られやすいことを意味します。また、かに座のキーワードである、「我感じる」の欠損となりますので、感じにくい人になります。

月がしし座にあれば、堂々としているどころか、まったく逆となり、自分の自我の弱さにより人を支配するどころか、人との関係において、常に弱みを握られているような気分となります。パッとした印象がなく、未来について語るものの、一時の揺れ動く未来像に支配されるため、人には何を言っているのかがわからない状況に陥ります。それでいて、自分のことしか語りません。なので、軽く見られるようになっていくでしょう。

ハウスでも同様で、月が例えば7室にあれば、7室に関した事柄に能力の欠損が生じます。特定の相手と深い知的関係を結べないこと、結婚生活に向かないこと、それでいて常にそのことに心を奪われてしまう状態を生むことなどです。

4室の月なら、家庭にいることがつらくなります。それでいて、結婚後も実家のことばかり気になって仕方なくなるのですが、実家に戻ったところで、実家から大切に扱われることもないでしょう。

このように、月はサインにおいては欠損の内容を示しますし、ハウスにおいては、その具体的な事柄を示します。このことは、よく観察し、よく自身を見つめれば、ほとんどの人が理解できるものです。

なぜなら、太陽が個性と言われますが、それは獲得した段階における個性ですので、上から下まで幾層にも分かれます。しかし月は得るものではなく、欠損としてスタートするものですので、どのように優秀な人であっても月の欠損は公平に与えられるのです。なので、太陽星座の個性には大きなばらつきがありますが、月星座については、すべての人が該当し、欠損として的中したものとなります。

ただ幻想にしがみつく人にとってはそのことがわからないかもしれません。冷静に正直に見つめれば、月が欠損を示すことは確実であり間違いないことなのです。

では、なぜ月はそのようないたずらというか、人類に本当の意味での試練を与えるのでしょうか。月が悪いのでしょうか。そうではないのです。

月は正直に素直に物事を映し出す鏡です。そして映し出すものは、7歳の子供が理解する範囲のものを映し出すのみ。子供が見たままの子供じみた世界をそのまま月は映し出しているのです。それはこの世の幻想性から私たちの人生はスタートすることを意味します。

もしもリアルな理解から人生がスタートしたならば、地球には悲しみも悲哀も失意もない、動植物同様の人生がスタートしたことでしょう。そうなると、人間も動植物と同様に一切の進化も変化もない人生を与儀なくされます。

それは素晴らしい星ではあるものの、そこに住む人間には何ら変化のないものとなったことでしょう。しかし幻想からスタートすることにより、私たちはそのベールをはいで、段々と真実に突き進む以外に道はなくなります。

この地上は、幻影が占める割合が多い分、それに気づくことで、リアルに至る構造をしているわけで、その立役者がまさに月なのです。地球で真実を見ることができたなら、はじめから覚醒環境にいたそこらへんの宇宙人以上の大きな習得が可能になるわけです。
おそらく大勢の人の魂は、ほとんどが月の幻影で生涯を終えさせられる可能性を知りつつも、この地上での覚醒を目指して率先してこの地上に生れ落ちて来た栄えある魂であると思われます。どうかみなさん、頑張ってください。

月の影響を知り、その幻影から覚めることで、月によって失わされていた月サインの星座を獲得し、全体性を得ることで私たちは地球を去っていくことになるのでしょう。

月は例外なく欠損を与える仕事をしますので、私たちは月ではないものによって欠損となっている星座にアプローチし、改めて、一から欠損星座を獲得することにより全体性を得る道が与えられているわけです。

まず最初は月サインの反対星座を得ることで月に飲まれることのない状況を作ることが大切です。そして次に月サインは欠損となったままですので、月に替わるものによって、一から月星座に取り組み、深い理解に至ることで、私たちは全体性を獲得することができるようになります。

月が悪いのではなく、月は正直だったのです。ただ、映し出したものは間違ったものだったのです。そこからの人生スタートであるこの地上は、類まれな本当のめぐみに満ちた星なのです。悲しみの星である地球は、悲しみのすべての原理と実体を理解できる唯一の星であるわけです。そこにいるみな様は、本物の勇気ある魂の存在なのです。あなたは選んでここに来たのですから。私たちは仲間なのです。

マドモアゼル・愛 公式SHOP

残暑お見舞い、及びSHOPマドモアゼル・愛のクローズにつきまして。下記をクリックしコピーして検索の上ご覧ください。
https://youtu.be/CQYXAdAPR-8

再び月について①
https://youtu.be/8u2rvxmGMIU
再び月について②
https://youtu.be/chZViuLVROg

8月25日(日)、26日(月)、27日(火)の三日間、shopマドモアゼル愛は特別営業。麻製品、池田山ファッションのバーゲン期間となります。ぜひいらしてください。
 

秋立ちぬ  夏休みのお知らせ 2019年08月07日(水)

夏休みのお知らせ 
8月8日―14日は世田谷区にありますSHOPマドモアゼル・愛はお休みいたします。私も珍しく避暑地で過ごします。電波の通らない場所に行くため、もしかしたら一週間はブログ及び動画アップができないかもしれません。その分、動画は撮りためて帰国後(国内でした)にご披露させていただく予定です。

SHOPマドモアゼル・愛はお休みしますが、公式SHOPは通年営業しております。
マドモアゼル・愛 公式SHOP

お出かけの方も多いと思いますが、心配なのは台風が連続してやってくるとのこと。なんだかお休み狙い撃ちで訪れる悪天候は意地悪でいやですね。楽しい夏休みになられることを祈念しております。

どこにも行かないよ、、、という方も多いと思いますが、日頃と違った町や都会の印象があるのがお盆の期間です。それはそれで味わい深いかもしれませんね。
いつもは縁台など外に出せない都会でも、お盆シーズンの夜に椅子や縁台を出して涼めば、通りがかった人と仲良しになれるかも。

私のお盆休みの楽しみのひとつは、尊敬している方とエネルギーについて存分にお話しができるかもの期待です。あらゆる物は物質であると同時に情報体でもあります。すべての物質の情報を電気信号として把握し、その微振動をキャッチする具体的方法をお持ちの方なので、色々と教えてもらえそうです。

それができれば、物質的なものは基本的に不要になる時代がやってきます。食べ物はその情報のみいただければ副作用のない効果的な働きができますし、体の成長や寿命や病気治しなども、遺伝子や細胞というレベルではない、電気情報からのアプローチによればまったく危険のない本物の科学到来となります。

今の科学は偽りとは言えませんが、そうした面があるにはあるのです。それは世界を物としてしか見ていないからです。物には何の力もない、、、それを理想でなく、実際に電気信号の情報を圧として利用する具体性を持っている、、、本当の天才とお話しできる貴重な夏休みになるかもしれません。

あと、まだ先ですが、9月の25日に小淵沢のえほん村にて、木内鶴彦氏と私の対談が予定されています。小淵沢の気持ちよい秋の気配の中、どんなお話しになるか今から楽しみです。えほん村にてすでに募集が始まっていますので、関心がある方はぜひえほん村を検索してご覧ください。会費は5000円ということです。

木内氏は有名なコメットハンターであり、未来社会を臨死体験を通して何度か見てきた科学者です。そうした氏の観点からは、本当に有意義なお話しが聴けると期待しています。

木内氏とはかなり以前ですが一度お会いしたことがあります。氏は臨死体験の中で、未来の医療を見てきたというのです。腹痛の青年が訪れると医者と思わしき人がチューナーを出してきて腹痛の青年の腹部に振動音を浴びせます。すると青年の腹痛は止すぐに止まり、かえって行った、、、というお話しを聞きました。そして木内氏は私に、なので未来はチューナーでほとんどを治療するようになるんです、とおっしゃったのをよく覚えています。

また、大きな石を東西南北に合わせ、石を石棺状にくりぬいてそこに寝ていられるようにします。周囲には穴があけられており、その穴からチューナーや倍音音声が鳴り渡ることで、石に寝ている人の体調も心の状態も意識の状態も素晴らしいものになっていく、、、というイメージが私にありましたが、まったく同様のことをやはり木内氏は語っております。こうしたことはやがて実現していくと思います。

新たに発見した153Hzなどの話しについても、ぜひとも木内氏にお尋ねしてみたいと思っています。

では、明日より暦の上では「秋立ちぬ」となりますが、どうぞ楽しい夏休みをお過ごしください。

ご迷惑かもしれませんが、もしよければ夏休みに私の動画集などご覧いただけたら幸いです。不思議な世界に触れるにはお盆の時期が良いかな、、などと勝手に思っています。どうかよろしくお願いいたします。下記をコピーして検索してご覧ください。面白かったらチャンネル登録もよろしく。

https://www.youtube.com/channel/UCYdR4KN71wDKR4-2Xxirz_g?view_as=subscriber
 

大人になろうよ 2019年08月01日(木)

 私なんか恋人もできないし、一回も楽しい思いをしたこともないし、誰も私を相手になんかしてくれない」確かに深い憤りであるとは思います。

でもそうしたものを運命づけたのは、誰でしょうか。周囲でしょうか。両親でしょうか。それとも自分でしょうか。

答えは自分です。そして深い意味での答えはその人の依存にあります。

誰かが恋人を用意してくれるのでしょうか。誰かが楽しい思いを与えてくれるのでしょうか。誰かが相手にやってきてくれるのでしょうか。

誰もあなたに恋人を用意などしてくれません。誰もあなたに楽しい思いを与えようとして生きている人などいません。誰もあなたの相手になりたいと常日頃思っている人などもいません。

他の人にもみんな自分の人生があり、生活があります。あなたとの関係もその中でのものです。

しかし、依存が深くなると、そのことが不当に思えてくるのです。自分が良くなるために自分では何もしない。なのに得たいものがある。依存が強くなるとそうした矛盾に気づきません。

恋人がいない、、、その原因は不幸でも何でもなく、ただ、声をかけていない、、、異性から見るとどこかポピュラリティがないので近づきにくい、、、うまくいくとすぐに独り占めしたくなる、、、正直な話しができない、、、客観的に見て感じ悪い言動がある、、、理由が何かはわかりませんが、その人に原因がある場合が多いのです。

何も楽しい思いをしたことがない、、、その原因は楽しいことを待つだけで、自分で計画したことも、自分で働きかけたことも、おそらく少ないためだと思います。楽しいことをすればいいだけの話しです。10回もやれば、数回は本当に楽しい晩になったり、楽しい一日を送れたかもしれません。

ただし、8回は失敗し、イヤな思いをこうむるかもしれません。ですがそのお陰で段々と企画が上達していきますし、こうすれば人がどう思い、どう反応するかが段々とわかってきます。失敗も勉強になるわけですね。意味があるわけです。

誰も私を相手にしてくれない、、、人は相手にしたくない人を相手にしないだけの話しです。相手にしたい人間になる以外に方法はありません。いつもむくれている、、、いつも不満そうにしている、、、いつも暗い顔している、、、いつも怒ってみえる、、、だとすると人は近づけなくなります。服装にもそうした拒絶個性が現れているかもしれません。

このように、理由あって不幸があるのです。なのに「自分は何一つ良い思いをしてない、、、ずっとつまらない、、、」という態度や表現があるということは、依存しているからです。誰かに何かをしてもらう以外に道がないような錯覚に陥っているからです。

こちらがさびしいときには、同様にさびしそうな人を慰めてあげることです。
恋人が欲しいなら、異性に好かれるような、少なくとも関心を持ってもらえそうな話題や態度や服装に気を使うべきなのです。恋愛こそポピュラリティが最初は大切になるものでしょうから。

こんな簡単なことが、依存していると分からなくなるのです。すべてが周囲に問題があるかのように感じだします。理由は簡単です。いつも自分のことばかりしか話さない、、、いつも暗そうにしてばかりいる、、、、いつもいつも、、、本当は張り合っているのです。人とも、、諸々とも、、、

張り合っていれば、合体できません。楽しいこととも、異性とも、友人とも。そうすれば日々は確かにつまらなくなります。自分からは何も出さずに運命を変えたい、、、依存とは、憎しみなのです。

ママ、ママ、早くやってよ、、、まだしてくれないの。私のこと大事じゃないの。わかってくれるまで、私、絶対に自分から何もしない。と、そう心に決めたことがきっとあったのです。

そして、ママは忙しくて、そんなことはもうすっかり忘れている、、、、ママはいつしか友人に変わり、異性に変わり、社会に変わり、夫に変わっていくのでしょうか。

みんな私のことなんか見向きもしてくれない、、、依存、怒り、憎しみの方程式ができあがっていきます。

おしゃれなんかするものか。感じよくなんかするものか。きれいになんかするものか。だって、私は怒っているんだから。怒っている姿を見せなくちゃ、ママ(代理ママのすべてを含む)にわかってもらえない。

私はずっと抵抗してきているの。だから、こうなってまで、まだ待っているんだ。

それを、そろそろやめようよ、、、というのが、大人になるということでもあります。

そして、ただ待つばかりのために、捨てられていった多くの可能性に思いをはせ、もう二度と自分を粗末にしないと心あらためることで、自然なポピュラリティやその人本来の魅力が現れてきます。その結果が、面白いことであり、恋人であり、社会での楽しい出来事であり、何より自分が自分であることの喜びの獲得となるわけです。

超簡単星占いシリーズ「12星座の力学関係」 簡単で楽しい星占いの話題です。簡単に占えます。下記をコピーして検索してください。
https://youtu.be/eKiEcqEoGns

マドモアゼル・愛 公式SHOP

 

意識変容とセクシャリティの解放 動画⑦⑧付き 2019年07月31日(水)

セクシャリティとは、外界を受け入れる能力に他なりません。セックスが異性を受け入れるという極端な事柄であるように、異性とはまた別のあらゆる自身と異なる物や状況や思念とのセックス的なるものが存在します。

一言でいえば、外界を受け入れることであり、外界を受け入れれば、自身の内容にも変化が生じてきます。自身の何らかの変化に抵抗する人はセクシャリティを受け入れられないということです。

外界を受け入れない要因は、恐怖であり、自身のエネルギー状態が低いための防衛です。低いエネルギー状態で変容をきたしたら、一体どうなってしまうのかとの不安が大きくなるからです。

444Hzは私たちの体や心のエネルギー状態を高めますので、まず、最初に444Hzに触れることで、エネルギー状態を高める必要があります。

その後、変容への期待が出てきますし、変容への恐怖も薄くなります。次に要となる周波数は417Hzです。ソルフェジオ周波数の5音(741Hzを除く)を聞き続けますと、30分も聞き続けたらほとんどの場合、意識変容始まります。とくに恐怖が消えていることがわかると思います。

ソルフェジオ音階に恐怖を取り去る働きがあるからですが、意識変容の花形が417Hzです。417Hzは意識変容を促す周波数であり、意識変容の知的受け入れが肉体レベルで安定したものとなります。

444Hzでエネルギーレベルを高め、417Hzで意識変容を受け入れる。それが動画⑦の「意識変容の受け入れ」です。固着した中でもとくに強固であったところのセクシャリティが解放されるには、次のセッションが必要になります。それが⑧の動画となって解説されています。

⑦と⑧とは連動していますので、続けてご案内させていただく次第です。意識変容、ないしセクシャリティの解放に関心がある方はぜひご覧ください。

下記URLをコピーして検索欄に貼り付けてクリックし、ご覧ください。

10種のチューナー解放セッション⑦「意識変容を許す」
https://youtu.be/BDVjSVIw_eA

10種のチューナー解放セッション⑧「セクシャリティの解放」
https://youtu.be/gX9RLk5Fxgo

チューナー及びソルフェジオの詳細は
マドモアゼル・愛 公式SHOP
 

夏休み及びSHOPマドモアゼル愛閉店のお知らせ 2019年07月26日(金)

夏の連休及び麻製品セールのお知らせ (8日―14日夏休み)
SHOPマドモアゼル・愛クローズのお知らせ

尾山台も夏真っ盛りです。SHOPマドモアゼル・愛もおかげ様で三年半の月日を迎えることができました。ただ、まだ詳細は未定ですが、今年の夏を最後に9月いっぱいでお店を閉じる予定でおります。

また詳細はご報告いたしますので、よろしくお願いします。この三年、ほとんどお店に出て応対させていただきましたが、自分はお店の店主にあっていないことがようやく判明しました。

一生懸命やるのですが、ついお客様に対しても「あなたそんな風に考えてたら未来ないじゃない、、」など、ストレートに言ってしまうケースが多く、店主としてはまったく不向きであり、お互いの幸福のためにここは退いた方がベターであるとの結論です。

お店はクローズしても、出張して全国でお店をオープンすれば、好きな旅行も兼ねられます。また、お店番でほとんどの時間を使ってしまっていたのを、ブログを書いたり、書籍をまとめるような時間に振り向けられますし、何より魅力的な商品開発が可能になります。

そろそろ余生を考える歳にもなりましたので、自分に向いている事柄に力を注ぐことにした次第です。この三年、お店で出会えた人達には、本当に感謝で一杯です。私の一方的な対応にも快く応じてくださり、感謝に耐えません。ありがとうございました。また、東京に出た際にSHOPに行こう、、と思われていた方も多いと思います。本当に申し訳ありません。これからは私の方から色々な地方に出向きますので、どうかよろしくお願いいたします。

セミナーや新企画はこれまで通り、アトリエや他の場所で行えますし、また念願の地方への出張や地方でのセミナーなどが可能になります。とても楽しみにしております。

そんなわけで、お店は今年最後の夏を迎えることになります。9月末でクローズ予定ですので、その前に、夏の企画などをご紹介させていただく次第です。

まず、お店の夏休みですが、8月8日(木)から14日(水)までいただき、15日(木)
から通常の営業に戻ります。

8月25日(日) 26日(月) 27日(火) の三日間は日月を休まずにセールス期間となります。麻製品の大バーゲンとなりますので、ぜひいらしてください。
麻の小物、一枚布、池田山ファッション、色々取り揃えて30%以上のセール価格となります。25日-27日の三日間です。様々な趣向を取りそろえてお待ちしています。

SHOPマドモアゼル・愛は多くの方に愛されてきました。また、営業的にも決して悪かったわけではありませんが、その役目を終えて新たな創造的スタイルを模索することにいたしました。これまでと異なった形でまた皆さまにお会いすることができると思います。今後とも私どもの活動に関心を抱いていただけましたら幸いです。

9月までは通常しておりますので、皆さまのお越しをお待ちしております。

ふたつの新動画ご案内 下記URLをコピーして貼り付けてご覧ください。チャンネル登録もよろしくお願いします。

再び「月」について 占星術談義
https://youtu.be/8u2rvxmGMIU
超簡単星占いシリーズ「12星座の力学関係」
https://youtu.be/eKiEcqEoGns
 

マドモアゼル・愛の参議院選挙分析 2019年07月24日(水)

あくまで勝手な私個人の分析でありますこと、ご理解いただけたらと思います。今回の選挙結果を下記ポイント別に解説させてください。

第一のポイント 自民党単独過半数割れ
予想していた向きもありますが、自民党は単独過半数を割れました。この結果、公明党との連携は強固なものにならざるを得ません。

第二のポイント 公明党の母体である創価学会の票の分裂
東京選挙区では野原ヨシマサ氏が創価学会の名を語ることで立候補しましたが、およそ20%の学会票がヨシマサ氏に流れたと言われます。無視できない数字です。これにより、公明党は今後学会の平和理念にもとずく政策に戻る以外に道はなくなります。また、自民党も無理強いできない立場です。

第三のポイント 憲法改正は無理
改正発議に必要な三分の二の議席確保が無理でした。憲法開戦路線を強引にすすめれば、上記の第一、第二のポイントから、学会票は他へと流れますので、自公の運命に危機が訪れます。憲法改正は実質、無理となりました。

安倍氏は選挙後すぐに国民民主の玉木氏と連携して憲法改正論議に進むといいましたが、本心では無理だと分かったので、そうしたパフォーマンスを取らざるを得なくなったと思います。支持者に対するパフォーマンスがなければ、責められる立場になると思ったためです。本心では完全に憲法改正はあきらめたので、憲法改正は今回の選挙をもって完全に無くなりました。(あくまで私の分析です)

第四のポイント れいわ新選組の躍進
得票率4パーセントを越える躍進を示したれいわ。自公の対立軸として初登場となり、勢いはがぜんれいわにあります。代表の山本氏が落選したことがむしろ今後の方向性にはプラスとなりそうで、衆議院議員山本たろう氏は確定したわけです。さらに勢力を急拡大することが予想されますので、立憲民主をしのぐ対立軸となるでしょう。世界の政治の転覆劇の流れが日本にも訪れることになったわけです。

第五のポイント  NHKから国民の守る党 立花氏の当選とその後
N国は得票率2パーセント以上を獲得し、政党助成金確保に至る大進撃でした。その後に関心を持って見ていましたが、やはりと言っては何ですが、安倍氏との連携を深めるような流れになりつつあります。国民からみれば、裏切り的な態度に見られても仕方ありません。もし自民との連携を前提とすることが初めからわかっていたなら、おそらく100万票もの投票はなかったはずです。N国が出馬していなければ、100万票のうち、おそらくれいわに半分の50万票は行ったことでしょう。そうすれば山本氏は当選していました。

しかし、こうした選挙工作があることを国民に勉強させてしまったことが、次の衆議院選挙では必ず生きてきます。N国の存在感は急速になくなり、逆にれいわの結束が強まるでしょう。今後、迂回した形での選挙工作に関して、立憲、れいわ、共産の三党へ向かう票がだまされることはなくなります。これは姑息な選挙工作の大失敗となります。

第六のポイント 存在感を示した共産党
共産党は議席を減らしました。しかし、共産党はまっさきにれいわに祝辞を述べ、共闘への思いを委員長が語りました。こうした大人の態度は今後必ず生きてきます。選挙は最後の最後は人間力が争うことになるのがこれからの選挙だと思いますので、志位委員長(というよりも小池氏ですね)の態度は負けたものの人間力として勝ったことになると思います。とくに体たらくを見せつつある立花氏などとは人間が違う、器の違いを見事に見せたと思います。というのも、N国やれいわへ、共産党の票がかなり流れたと思われるからです。とくにN国に行ってしまった共産票は、深い後悔を持って今度は何があっても絶対に共産に戻る、、、

第七のポイント 不可解な立憲民主の立ち位置
気になるのは、立憲民主から出馬した人の早目の当選確実に、一様に当選候補者が驚いていた点です。「まさかこんなに早く決まるとは思っていませんでした」の弁が、立憲民主の中から多く見られました。私はうがってみるわけではありませんが、非常に実は気になります。まあ、語りませんが、立憲の立ち位置がよくわからず、存在感は薄かった気がします。それでも安定した自公の対立軸として
多くの人が立憲を選んだあたりは、日本人の対立を望みつつの安定志向が確認された点は良かったです。今後、れいわ、共産との連携がどうなるかで、立憲の立ち位置が明確になってくると思います。既成政党のおこぼれに預かる政党で終えてしまうか、共闘して新たな嵐を巻き起こすか、、、まだ予断はできない状況です。

まとめ
今回の選挙結果は予想した通りとのお声が大きいようですが、底辺にははっきりとこれまでになかった亀裂が生じていることが確認されました。私は自公に未来がないことをはっきりと今回の選挙結果から見通せました。自公の目指す政治は世界の流れとまったく相いれない方向にありますので、地割れが起きたことを表面的には隠しただけで、すぐにも地割れは拡大しますので、風雲急を告げる動きは加速するとの結論です。

今後の焦点
日米貿易交渉が現実となってくる中で、対応できる人が政府内にいない点
日米安保条約は廃棄の方向にすすむことは確実な中で未来を描こうとしない政府の限界が見えてくる点

私の予想
れいわ・共産・立憲が自公勢力の対立軸になり得るかが問われる今後。立憲が裏切らなければ、政権の交代は誰もが思うよりも早く実現する。

私の提案
共産の小池氏の人間力を再確認したので、共産党が党名変更し、今後の日本のビジョンを示し、政策も共産主義からの脱出を図る形で三者共闘に持ち込めることはできないか。

危惧する点
立憲を既成政党として位置づけようとする政策が成功したように見受けられる点。政党割り振りの中で、おとなしくしていなさい、、、との圧を感じた今回の選挙結果でしたので、立憲の踏み絵は共産やれいわとの共闘、とくに共産との共闘に前向きかどうかで、取り込まれてしまったか、そうでないかがわかると思います。

憲法改正はパフォーマンス 下記動画もご覧ください。コピーして検索に張り付けてご覧ください
https://youtu.be/lWLOB0P_rMs

ZOOM有料セミナー 「これからどう生きるか」
9月1日(日) 午後8時から9時半まで
内容
変わる社会
変わる収入源
変わる生き方と仕事
これからどう生きるか

詳細とお申込みは下記
マドモアゼル・愛 公式SHOP
 





Copyright(C)2010 Mademoiselle-AI, All Rights Reserved.